スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出話

俺と Blood Farmers。
続きは「続きを読む」で。


俺にとって、Blood Farmers は特別なバンドです。

2年くらい前、ですかね。
アルバムを購入したのは。

近所のTSUTAYAで、申し訳程度に「まだまだ人気!輸入盤コーナー」なんてのが作ってあって、なんの気なしにそこを覗いていたら、突然ニタニタしてるおっさんが目に入ってきて、その瞬間コレダ!って思ったわけです。
要はジャケ買いです。

それが俺にとっての運命の出会いになろうとは、まるで思っていませんでした。
大袈裟かもしれませんが、まさに運命でした。

それまではドゥームのドの字も知らなかった俺。
当時はサバスも名前を知っているぐらいで、もちろん聞いたことなんて一度もなかったです。

購入後、家に帰りCDを聞いて、激ハマリでした。
血生臭く、重苦しい曲。
あっという間に俺はドゥームの虜に、と~りこになりました。
とさ。

というワケで、Blood Farmers は俺のドゥーム童貞を奪った、いわば「初めての相手」です。

しかも、8日に行った Doom Age Festival vol.4。
ちょうどその日に東京に行く用事があったので行けたんですが、ライブに行くのはコレが初めて!
(Electric Wizard の時は結局行けなかった……)
奇しくも、俺のライブ童貞を奪った相手も、Blood Farmers となったワケです。

素晴らしいステージでした。
いや、ライブは初めてなんで他と比較しようがないんですが、すごく楽しかったです。

デジカメ忘れて写真撮れなかったのが心残りです、ハイ。
うああああああああああ!!!!!!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。